→  新文化エリア
→  渋谷3丁目エリア
→  宮益エリア
→  宮下エリア
→  青学周辺エリア

青山学院

まち協のエコ活動

→Home   →ニュース   →協議会概要   →年間予定   →定点写真   →まち歩き  →会員専用




渋谷区が宮下公園を封鎖

9月15日朝6時半ころ、公園課、作業員、警備員、警察官など約200名が、宮下公園の9箇所の出入り口をすべて封鎖しました。

 

地域の要望!!
宮下公園の整備工事が進まない中、不法占拠者が長期にわたり居ついていることによる恐怖感や異臭、彼らが集めたアルミ缶を潰す音による不快感などから、近隣住民、通勤や通学する者にとっては、公園の利用を避けざるを得ませんし、周辺の店舗も大変迷惑を被っています。
また、6月21日(月)夕方には、不法占拠者が公園内に置いたブルーシ−トや所有物などが火事になり、一歩間違えば大惨事となった可能性もあります。
地元の町会、商店会としては、この地域の安全で安心な生活環境、業務環境を守るうえで、地域の大切な資産である宮下公園の忌々しい状況を見過ごすことはできません。
区におかれましては、一刻も早く工事に着手していただき、地域の人たちが、安全・安心な公園として利用できますよう、整備していただくことを強くお願い申し上げます。

 

日本経済については好転傾向が報じられているが、私達渋谷区の商業者にとっては一向に回復の兆しが感じられない。
この様な状況の中で、地域の活性化の切り札として副都心線が開業されたが、地域商店街では、この工期の9年間、夜間から早朝まで工事に協力をしてきたが、その工事の影響で私達の同胞である商業者がこの地を去っていった。
どうか、
反対運動の皆様には地域のため、周辺商業者の救済の為に是非ともご協力下さい!

   2010.09.18