→  新文化エリア
→  渋谷3丁目エリア
→  宮益エリア
→  宮下エリア
→  青学周辺エリア

青山学院

まち協のエコ活動

→Home   →ニュース   →協議会概要   →年間予定   →定点写真   →まち歩き  →会員専用


宮益坂下交差点
渋谷駅から青山方面へと続く宮益坂は、郵便局、銀行、証券会社、中小のオフィス・商店が立ち並び、駅前の喧騒から離れたビジネスエリアとなっています。
坂の中腹にある「御嶽(みたけ)神社」を中心に古くから栄えてきた街で、江戸時代には四季を通じて富士山の見事な眺めを楽しめたことから「富士見坂」と呼ばれていました。
神社では毎年2月に節分祭、9月に例大祭、11月の酉の日には、「酉の市」が開かれ賑わいを見せています。


宮益坂に冬の花を植えました

 
今年6月、初めて宮益坂植栽活動を実施しましたが、残念ながらこの夏の異常高温によってほとんどの花が枯れてしまいました。「街の活気は足下の活動から」、10/23(土)に宮益坂両サイドの植栽帯に第2回目の花植えを実施しました。
当日は天気に恵まれ、約50名のボランティアの皆さまと作業に当たりました。
およそ1時間半で花植えは終了し、花壇は装いも新たにウィンターバージョンとなりました。
今回は、車道側にゴールドクレスト・シロタエギク、歩道側にはガーデンシクラメン・ノースポールが植えてあります。間にはクロッカスとムスカリの球根も植えてあります。球根の花は春までのお預けですが、沿道のテナントさんと力を合わせ、出来るだけ長い間枯らさずに育て、寒くなる冬に向けて通行する人々の心を温めたいと思います。
ご協力を頂いた皆さま ありがとうございます。
  
   2010.11.01

宮益坂植栽帯の捕植を行いました

 

6月5日 宮益坂を気持ちよく回遊してもらうため、まち協と商店街で進めました宮益坂の植栽活動は、皆様の協力の下、宮益坂をきれいに生まれ変わらせましたが、一部の花は天候不順のため、皆様のお手伝いの甲斐もなく、元気を失っている状態でした。そこで、植栽からちょうど一月を過ぎた7月3日に枯れた花を撤去し、新たに「プミラ草」を植えました。
プミラ草は、花は咲きませんが、ツタを伸ばし、植栽帯の縁まで緑で覆う予定です。今後とも皆様には、目の前の植栽帯に気を配り、清掃、水やり等のご協力をお願い致します。

   2010.07.16

宮益坂に花を植えました

 

完成写真6月5日(土)、宮益坂両側の植栽帯に花を植えました。
これは地域振興と美化活動の一環として、渋谷・東地区まちづくり協議会エリアマネジメント分科会と、渋谷宮益商店街振興組合の呼びかけで行われたものです。

 

植栽にあたっては、事前に(5/30、6/1、6/2のいずれか1日に参加)「渋谷区ふれあい植物センター」で植栽講習を行い、これから植える花についての基礎知識と、植栽方法、手入れ方法について学びました。

 

集合写真6/5の植栽当日はあいにくの曇り空でしたが、午前9時半の集合時間には、商店街の各店舗・企業やTSMの学生さん、区の職員や植物センターのボランティアのご協力もいただいて、70名以上が集まりました。

 

作業の様子宮益坂の植栽帯は両側で計66箇所あります。このうち、大きな木や街路灯が設置されている部分を除いた39箇所に、ブルーサルビア、マリーゴールド、日々草の3種類の苗、計1,400株を植えました。

これらの花たちは10月頃まで咲き続け、道行く人を楽しませてくれるそうです。

植栽にご協力いただいた皆様ありがとうございました。また、今後の日々の手入れもよろしくお願いいたします。

   2010.06.09
<< 1 2 3 4 5 >> 5ページ中5ページ目


渋谷宮益商店街振興組合のホームページはこちら